ルプルプは白髪だけ染まるの?黒髪は染めることはできない?

常に人気上位に位置している白髪染めトリートメント「ルプルプ」ですが、黒髪も染めることができるのでしょうか?染められるのは白髪だけ?

 

ルプルプは黒髪を染めることはできません

ルプルプは色の種類が豊富で5種類もありますね。

 

でも、もしあなたの今の髪色が黒の場合は、染めることができるのは白髪のみです。黒髪を人気のモカブラウンに染めることはできません。

 

また、あなたの今の髪色がダークブラウンの場合、ルプルプのブラウンに染めることはできません。

 

それは、今の髪色より明るい色に染めることができないからです。これはルプルプだけではなく、トリートメントタイプの白髪染め全般に言えることです。

 

通常の白髪染めは、刺激の強い成分によりキューティクルを開いて、色を抜いてから染める色を開いたキューティクルから浸透させます。
だから、今の髪色とは関係なく好きな色に染めることができます。

 

でも、ルプルプのようなトリートメントタイプの白髪染めは、髪の表面に色を塗っていくイメージなので、今の髪色より明るい色に染めても目立ちません。

 

例えば、黒い紙と茶色のペンを用意して下さい。
この黒い紙に茶色のペンで色を塗っても、茶色のペンはほとんど目立ちませんよね?これと同じで黒い髪に茶色の白髪染めを塗っても目立ちません。

 

そのため、ルプルプは黒髪を染めることはできないということになります。

 

ルプルプの色選びのコツは今の髪色に近くて濃い色

ルプルプには、5種類も色の種類がありますので迷ってしまいますよね?

 

でも、先ほどお話した今より明るい色にできないということを理解していれば、選ぶ色は必然的に決まってくると思います。

 

一番良い選び方は、今の髪色に一番近くて濃い色を選ぶことです。今の髪色が明るい方は、選択肢が増えますがあまりに違う色を選んでしまうとその後のケアが大変になると思います。

 

ルプルプのようなトリートメントタイプの白髪染めは、一般的な白髪染めよりも色落ちが早いです。

 

そのため、髪の毛全体を違う色に染めてしまうと、常に髪の毛全体にルプルプを塗る必要があります。

 

逆に今の髪色に近い色を選べば、白髪が気になるところを重点的にルプルプを塗ることができますので、手間も減りますし、使う量が減りますのでランニングコストも下がります。

 

なので、髪の毛全体のベースの色を変えたい場合は、美容院に行って染める方が良いでしょう。

 

ルプルプの色を選ぶポイントは、今の髪色に近くて濃い色です。